Rev.Taisuke氏 プロフィール

名古屋メンズ祭に出演予定のRev.Taisuke氏を紹介します。

Rev.Taisuke Usui(臼井泰輔)氏 プロフィール

新潟出身。ゴスペルシンガー・指揮者・ライトハウス・バプティスト教会主任牧師。
1994年からブルースシンガーとしてプロ活動開始。1999年ニューヨーク、ハーレムでゴスペル音楽に出会う。

2003年ニューオリンズに移住。ゴスペル指揮者、シンガーとして黒人教会で活動をするかたわら、地元ミュージシャン、グラミー受賞者ともステージを共にする。

音楽家としては南部のルーツ音楽にこだわった独自の音楽性は日本国内、アメリカでも定評があり、過去に4枚のアルバムを発表他、サウンド・オブ・ブラックネッスのアルバムにも参加。

またLegendary Lighthouse singers, Lee Williams, Gospel Four, Zion Harmonizersといったの多くのゴスペルシ-ンのグラミー・ステラ賞アーティストとの交友、共演他、New Orleans Jazz Heritage, Voodoo Festivalといった数十万人規模の音楽フェスティバルにも出演。

2012年ルイジアナとミシシッピーの州境近くディープサウス(深南部)といわれる地域にある黒人教会の音楽聖職者(ゴスペル音楽による教会の音楽全般の総責任者)に就任。
地元の黒人合唱団にゴスペルへの指導とともにソロシンガーとしても活動。その様子は全米ケーブルTVでも取り上げられる。

2015年12月ルイジアナ大学神学部卒業。ゴスペルの歴史を作ってきた黒人プロテスタント最大教派「ナショナル・バプティスト・コンベンション」(800万人のメンバー)150年の歴史で初のアジア人牧師としてPromised land Baptist Church(ルイジアナ州都バトンルージュの1000人規模の教会)とBeachum Grove Baptist Church(120年以上の歴史の教会)より按手を受け、アメリカ連邦政府の登録牧師となる。

2016年1月より新潟市、駅南の「けやきどおり」にてライトハウス・バプティスト・チャーチを開拓し、主任牧師に就任。日本初のハモンドオルガン・ドラムのある伝統的なゴスペル音楽の溢れる教会として、毎週日曜日の主日礼拝を執り行う。

◆ライトハウス・バプティスト・チャーチ
教会HPhttp://lighthousebcniigata.wixsite.com/mysite